足裏

アルコールを分解する肝臓に脂肪やコレステロールが付着した状態の脂肪肝という病気は、肝硬変や脳梗塞を始めとした色々なトラブルの元凶となる可能性があるのです。
汗疱(かんぽう)は掌や足の裏、又は指と指の間などにプツプツとした水疱が現れる症状で、通常は汗疹(あせも)と言われており、足裏に出ると水虫と間違われることが結構あります。
呼吸器感染症の季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、臨床データに基づいた研究の成果によって、予防の効能を見通せるのは、接種の約14日後から約150日間程度だろうということです。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、最も多い中耳炎で子どもによく起こる病気です。強い耳痛や38℃以上の発熱、ひどい鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などのありとあらゆる症状が出現します。
クシャミに鼻みず、鼻づまりに目の痒み・ゴロゴロする異物感などの花粉症の不快な症状は、アレルギーの誘因である花粉の飛散している量に追従しているかのように酷くなってしまうという特性があるそうです。
過飲過食、体重過量、喫煙、運動不足、心身のストレス、老化というような様々な原因が混ざり合うと、インスリンの分泌量が減ったり、働きが落ちたりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病を発症するのです。
腰などが痛むヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨の間で緩衝材の役割を担っている椎間板という名のやわらかい円形の組織が突出した症例のことを指しています。
ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が無効になった後に売られ、新薬とまったく同一の成分で金銭的な負担の小さい(薬の代金の高価ではない)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。
「体脂肪率(percent of body fat )」とは、人の体内の脂肪の占有している%のことを指し、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪の量(キロ)÷体重(body weight、kg)×100」という計算式で調べられます。
バイ菌やウィルスなどの病気を齎す微生物、即ち病原体が肺の中へ侵入して発病してしまい、左右どちらかの肺が炎症反応を呈示している様子を「肺炎」と言います。
ストレスがかかり、蓄積してしまう論理や、便利で効果的な抗ストレス方法など、ストレスについて正確な知識を持っている方は、そんなに多くはありません。
内臓脂肪が多いことによる肥満があり、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖(こうけっとう)の中で2〜3項目に合致する健康状態のことを、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と呼ぶのです。
毎日の規則正しい、穏やかな日常生活の維持、腹八分目を志すこと、正しい運動やスポーツなど、古臭いとも思える健康に対する配慮がお肌の老化防止にも活用されるのです。
基礎代謝(Basal Metabolism、BM)とは人間が何もせずに横たわっていても燃えてしまうエネルギー量のことであり、その大部分を様々な筋肉・一番大きな内臓である肝臓・頭部の脳の3種類が使っていると考えられているようです。
HIV、つまりエイズウイルスを持った精液や血液の他、女性の腟分泌液、母乳等の様々な体液が、交渉相手等の粘膜や傷口等に接触することにより、感染のリスクが高くなってきます。

Comments are closed.