感染の危険性

エイズウイルス(HIV)を含んでいる精液、血液、女性の腟分泌液、母乳といった様々な体液が、乳飲み子等の粘膜や傷口等に接触することにより、感染の危険性が高くなってくるのです。
スギ花粉が飛ぶ頃に、乳幼児が体温はいつもと変わらないのにクシャミや水のような鼻水が止む気配をみせないケースは、残念ながら『スギ花粉症』の可能性があるかもしれません。
基礎代謝というのは人間が何もせずにじっとしていても燃えるエネルギー量のことで、その大部分を全身の筋肉・臓器の中で最も大きな肝臓・頭部の脳が使っているのです。
好気性桿菌のひとつである結核菌は、菌を持っている人が「咳」をすることによって室内や外気に投げ出され、空気中でフワフワ浮遊しているのを別の誰かが空気と一緒に吸い込むことによって拡がります。
痩せたいために1日の総カロリーを控える、食べる量を落とす、そのような暮らしを続けると結果的に必要な栄養までもを不足させ、深刻な慢性の冷え性を齎すことは、色んな媒体で言われているのです。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことや煙草・アルコール類・肥満症等の生活習慣が乱れたこと、ストレスなどによって、殊更日本人に増えつつある病気なのです。
下腹部の疼痛を訴える人の多い代表的な疾患には、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、子宮や卵巣の病気等の病名が挙げられます。
お酒に含まれるアルコールやお薬、合成乳化剤を始めとした食品の添加物などの物質を酵素で分解して無毒化する働きの事を解毒(げどく)と言い、肝臓の最も重要な役割分担の一つだということは間違いありません。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に存在する血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞が何らかの理由で破壊してしまったことで、結果的に膵臓からはほぼインスリンが分泌されなくなってしまい発症してしまうという種類の糖尿病です。
自動車事故や高い所からの落下など、非常に強い負荷がかかった場合は、複数の地点に骨折がみられたり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、酷くなると内臓が損壊することも考えられます。
耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、森の杉やヒノキ、マツ、ブタクサなどの決まった時期に飛散する花粉が元凶となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・鼻づまり・鼻みずなどの不快なアレルギー症状をもたらす病気なのです。
「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に中性脂肪や食物由来コレステロールが付着した状態の脂肪肝(fatty liver)という病気は、肝硬変や糖尿病に始まる非常に多くの疾患の合併症を起こす可能性があるのです。
PCモニターの強い光を軽減させる効果のあるレンズの付いたメガネがいま最も人気を博している理由は、疲れ目の対策法に大勢の方々が苦心しているからだと思っています。
耳鳴りは2種類に大別され、本人だけに聞こえると言われている「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音のように本人だけでなく他の人にも高品質なマイクロホンなどを利用すると響いてくると言われている「他覚的耳鳴り」があります。
むねやけが特徴の逆流性食道炎は、約1週間ちゃんとお薬を飲めば、普通、8割〜9割の患者さんの自覚症状は消え去りますが、とはいえ食道の粘膜の炎症反応自体が引いたわけではないので気を付けましょう。

Comments are closed.