明るい場所

チェルノブイリ原発の事故に関する長期間に及ぶ追跡調査の結果からは、体の大きな成人に比べて体の小さな子どものほうが漏れた放射能の有害なダメージをよく受容することを痛感します。
「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが多く蓄積した脂肪肝(steatosis hepatis)は、脳梗塞などの多種多様な疾病を誘発する可能性が高いといわれています。
暗い場所だと光量不足によりものを見るのが難しくなりますが、より瞳孔が開くので、水晶体のピントを合わせるのに余分なパワーが使用されてしまい、明るい場所でモノを見るよりも疲労が大きいのです。
花粉症の病状(水っぱな、鼻詰まり、連発するクシャミ等)のために夜よく睡眠を取れないと、そのせいで慢性的な睡眠不足となり、翌朝からの諸活動に思わしくないダメージを及ぼすこともあります。
植物栄養素とも言われるフィトケミカルの類であるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物が、肝臓が持つ解毒酵素自体の生産を促進しているかもしれないという可能性が明らかになってきました。
基礎代謝というものは人間が何もしていなくても消費してしまうエネルギー量のことであり、大部分を体中の筋肉・臓器の中で最も大きな肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類が使っているのです。
吐血と喀血は口腔からの出血に変わりはありませんが、喀血というものは咽頭から肺に続いている気道(きどう)からの出血であり、吐血というものは無腸間膜小腸よりも上にある消化管から血が出る病状を表しています。
HIV(human immunodeficiency virus)を保有した精液、血液を始め、母乳、腟分泌液、唾液等のあらゆる体液が、交渉相手や看病する人などの粘膜や傷口などに触れると、HIVに感染する可能性が大きくなるのです。
骨折して大量出血してしまった際は、急に低血圧になってめまいやふらつき、冷や汗、悪心、失神などの不快な脳貧血の症状が誘引される場合があります。
汗疱状湿疹とは手の平や足の裏、又は指の隙間などにちっちゃな水疱がみられる症状で、一般には汗疹(あせも)と呼ばれており、足の裏に出てくると水虫と思い込まれることもあります。
バイ菌やウィルスなど病気を導く微生物が肺の中に侵入して罹患し、肺全体が炎症を起こした様子を「肺炎」と呼ぶのです。
耳鳴りには大きくわけて2種類あり、当事者しか聞こえないというタイプの「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように本人以外の人にも高性能のマイクロホンなどをあてると感じることのできると言われる「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。
もしも検査で恐れていた通り卵胞ホルモン・黄体ホルモンの分泌量が基準値を下回っておりPOF(Premature Ovarian Failure)だと分かったら、少ない女性ホルモンを補填してあげる治療で治すことができます。
基礎代謝量というものは就寝中ではない覚醒状態で生命を維持していく(心臓の鼓動、呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋緊張の維持等)ために要る最も小さいエネルギー消費量のことを指すのです。
真正細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、最も多い中耳炎で比較的幼い子供によく起こる病気です。耳の痛みや高熱、鼓膜の腫れや炎症、耳漏(みみだれ)など多岐に渡る症状が現れます。

Comments are closed.