アミノ酸

男性にしかない前立腺はその生育や活動にアンドロゲン(男性ホルモン)がとても大きく関係しており、前立腺に現れてしまった癌も同じく、アンドロゲン、即ち男性ホルモンの力で大きく成長します。
もし血液検査で現在卵胞ホルモン・黄体ホルモンの分泌量が基準値を下回り早発閉経(そうはつへいけい)だと判明した場合は、少ない女性ホルモンを足してあげる治療で改善が望めます。
虚血性心疾患の心筋梗塞というものは心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管の内側が細くなって、血流が止まり、栄養や酸素を心筋まで届けられず、筋線維そのものが機能しなくなるという大変重い病気です。
ピリドキシンは、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をクレブス回路と呼ばれるエネルギー源の利用に必要な回路へ取り込ませるためにもう一度分解することを補助する機能もあると言われています。
音楽会の開催される場所やディスコなどに設けられている特大スピーカーの隣で爆音を聞いて耳が聞こえづらくなる症状を「急性音響性難聴(きゅうせいおんきょうせいなんちょう)」と言っているのです。
下腹の疝痛を引き起こす病には、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、尿管などに石ができる尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、女性性器の疾患などの病名が挙げられます。
年齢を重ねることによる耳の聞こえ辛さはゆっくりと聴力が低くなりますが、普通60歳を超えないと聴力の衰退をきちんと認識できないものです。
いんきんたむしとは、医学的には股部白癬(コブハクセン)と言われている、かびの一種である白癬菌が股間や陰嚢(いんのう)、お尻などの場所に感染、もしくは寄生してしまう病気のことであり俗に言う水虫のことです。
アミノ酸のひとつグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を下げたり変異を招く悪質な物質を身体の中で解毒し、肝臓の機能性を促進する働きが判明しているのです。
学校や幼稚園等の大勢での集団行動をしている中で、花粉症の症状の為にクラスのみんなと一緒に外ではつらつと走り回ることができないのは、患者である子どもにとっても残念な事でしょう。
老人や病を持っている人は、殊に肺炎に罹りやすく完治までに時間がかかると言われているので、予め予防する意識や迅速な治療が重要なのです。
基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が動かずにじっとしていても使用するエネルギーのことを指していて、そのほとんどを体中の筋肉・一番大きな内臓である肝臓・多量の糖質を必要とする脳が消費しているということはまだ広くは知られていません。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓に存在する血糖値に深く関与しているβ細胞が壊されてしまったことにより、あの膵臓からインスリンが微々たる量しか出なくなってしまって発症してしまう自己免疫性のタイプの糖尿病です。
ジェネリック医薬品は新薬の特許が失われた後に販売され、新薬に等しい成分で経済的な負荷の小さい(薬代が安い)後発医薬品そのものです。
黴菌やウィルスなど病気をもたらす病原微生物が口から肺の中へ入って発症し、肺そのものが炎症反応を起こした容態を「肺炎」と総称しているのです。

Comments are closed.