ジェネリック

常時肘をついて横向きになったままテレビ画面を眺めていたり、思いっ切り頬杖をついたり、ハイヒールなどをよく履いたりという癖や習慣は肉体のバランスが乱れる元凶になります。
アメリカやヨーロッパ各国では、新薬の特許が切れてから4週間後には、製薬市場の80%がジェネリックに取って代わる薬もある位、ジェネリック(後発医薬品)は各国で採用されているという現実があります。
軽傷の捻挫だと決め込んで、包帯やテーピングなどで一応固定し、そのまま様子をみるのではなく、応急処置をしてからすぐに整形外科の医師に診てもらうことが、結局は根治への近道になるのです。
亜鉛は、DNA(Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質を合成させるために作用する様々な酵素や、細胞や組織の入れ替わりに深く関わる酵素など、200種類以上存在する酵素を構成する物質として絶対に外せないミネラルの一つなのです。
鍼灸のハリを体に刺してもらう、という直接的な多数の刺激は、神経細胞を活発にして、神経インパルスという通称の謂わば電気信号伝達を引き起こすのではないかと言われているようです。
インキンタムシ(陰金田虫)という病気は20〜30代の男の人多く見られており、基本的には股間の辺りにのみ広がり、全身運動をしたり、お風呂に入った後など体が熱くなると猛烈な掻痒感を誘引します。
UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという特徴があり、大気中のオゾン層を通る際にその一部分が吸収されるものの、地表に達したUV-Bは皮膚の表皮の内側で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を破壊するなど、肌に悪影響をもたらすことになります。
グラスファイバー製のギプスは、大変丈夫で軽いのに長期間使うことができ、濡らしてしまっても壊れずに使用できるという長所があるため、いまの日本のギプスの人気製品だと言っても過言ではありません。
結核の原因となる結核菌は、感染した人がゴホゴホと「咳」をすることによって室内や外気に放たれ、空気中でふわふわ移動しているのを今度は違う人が空気と一緒に吸い込むことで感染していくのです。
「肝機能の減衰」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、γ-GTP(ガンマGTP)等3種類の値によって判断することができますが、特にここ2、3年肝臓の機能が低下している日本人が徐々に増えているとのことです。
ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が失効した後に市場に出回る、新薬とまったく同一の成分で負荷の小さい(薬の代金が廉価な)後発医薬品のことを指しています。
学校のような大規模な団体生活をするにあたって、花粉症の症状の為にクラスのみんなと同時に外でめいっぱい運動できないのは、当事者にとっても残念なことです。
ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、主に両手両足がしびれたり脚の浮腫みなどが目立ち、病状が進むと、深刻な場合、心不全を齎すことがあるそうです。
一旦歯の周りの骨を浸食するまでに拡がってしまった歯周病は、悲しいかな進行具合が治まることはあっても、なくなったエナメル質が元の量になることはまずありません。
ヒトの耳の構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に分けることができますが、中耳のところに様々なばい菌やウィルスなどがうつり、炎症ができたり、体液が滞留する症状が中耳炎というわけです。

Comments are closed.