ウィルス

耳の内部の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3種類に大別されますが、この中耳のところに様々なばい菌やウィルスなどが付着し、発赤等の炎症が発生したり、液体が滞留する症状を中耳炎と言います。
緊張型頭痛とはPC使用などによる肩こり、首筋のこりから起こる肩凝り頭痛で、「ギュッと締め付けられるような強烈な痛み」「重いような酷い痛さ」と言われます。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というものは睡眠中ではなく目覚めている状態で生命を保っていく(鼓動、口からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋肉の緊張の維持等)ために欠かせない理論上のエネルギー消費量のことを指しています。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)のインスリンを分泌しているβ細胞が壊れてしまったため、その膵臓からはインスリンがほぼ出なくなることによって発症するという自己免疫性の糖尿病なのです。
胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、食生活の欧米化に加えて煙草・お酒を毎晩飲む事・脂肪過多などの生活習慣が悪化したこと、ストレスに縁り、ことさら日本人に多い病気だということができます。
悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、通常ならば人間の体をガンから保護する作用を持つ物質を生成するための型のような遺伝子の異常が原因で発病する病気だと考えられています。
胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、4日前後きちんと薬を飲めば、原則として9割前後の患者さんの自覚症状は改善しますが、そうは言っても食道粘膜の傷みや炎症が治癒したことを意味しないので留意してください。
BMI(体重指数を計算する式はどの国にも共通していますが、BMI値の位置づけは国家によって異なっていて、JASSOではBMI22を標準、25以上の場合は肥満、18.5未満であれば低体重と定めています。
インキンタムシ(陰金田虫)とは、医学的に股部白癬と呼んでおり、カビの仲間である白癬菌が股部や陰嚢、お尻などの部位にうつってしまい、棲みついてしまう感染症の事であり水虫です。
AIDSはヒト免疫不全ウイルス、すなわちHIVの感染によって引き起こされるウイルス感染症であり、免疫不全を招いて些細な病原体による日和見感染や悪性腫瘍を発病する病状全般を指しています。
ピリドキシン(ビタミンB6)は、様々なアミノ酸をトリカルボン酸回路と呼ばれているエネルギー源を活用するために欠かせない回路へ組み込むため、それ以上に化学分解することを促進する作用もあるのです。
環状紅斑というのは輪状、いわゆる円い形状の赤みを帯びた発疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふ疾患の総合的な病名であり、その素因は誠に様々なのです。
流行性感冒とも呼ばれるインフルエンザの予防対策や医師による処置等原則施される対処策そのものは、それが季節性のインフルエンザでも新型のインフルエンザであってもほとんど同じです。
素人が外から見ただけでは折ったのかどうか自信がない時は、負傷した地点の骨を注意しながら触ってみてください。その部分に激しい痛みが響けば恐らく骨折だと思われます。
過食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、遺伝、仕事などのストレス、加齢など多様な原因が混ざり合うと、インスリン分泌が衰えたり、機能が落ちたりして日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病を発症します。

Comments are closed.